先日、結婚を機に、今まで乗っていた軽自動車を売っ

中古車の見積金額が腑に落ちないものだった場合

先日、結婚を機に、今まで乗っていた軽自動車を売って、代わりに大型の車に買い換えました。

きっと軽自動車なんて売っても、たいした金額にはならないと勝手に思っていたのですが、査定に出したら仰天しました。考えていたよりもずっと示された買取価格が高かったのです。買取業者によれば、軽自動車は結構人気があるそうで、良い値段で買い取ってくれるのだそうです。

この間、知り合いのUSED CAR販売業者の方に、10年以上乗ってきた車を下取りのため見てもらいました。廃車寸前だと言うので、値段をつけてもらえるかどうか心配していましたが、車の価値は3万円でした。そのあとは、その車は修繕され代車などのように生まれ変わるそうです。

自分が所有する車を売却しようと考えているならば、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

いくら傷などがない方が良いからと言っても、素人が直したのでは、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなケースが散見します。

きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には大変な思いをして自分で修理しようとしないで、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

買い取り業者に車の査定をしてもらう時車検をどうしようか、このまま通さないでも大丈夫なのかと、判断に悩む人も多いようです。しかし答えは簡単です。

実は、査定で少しでもよい査定がつくように、と車検切れ間近の車の車検を査定前に済ませても、車検にかかった数万円、この金額より車検を済ませたことによるプラス査定分が大きくなる、ということはあり得ません。

車検が切れようとしている車なら、その状態のままで売ってしまうのが正解のようです。

世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距離が10万キロを超えているものだと、査定してみると価値がつかないことが多いです。

しかし、例外もあります。

例えばタイヤが新しい場合や、半年以上の車検が残っているなどの何らかの価値がある車を売る場合には、価値が上がる可能性もあります。一軒の買取業者で値段がつかなかったとしても、他の買取業者では買い取ってくれる場合もありますから、複数の業者を訪ねるのがお勧めですね。車の買取といえば、営業がしつこいことで有名です。

Googleなどで検索したら、業者の実名を出して書かれたクレームもあり、さぞ深刻な揉め事になったのだろうと伺えます。

悪評を書かれる業者の名前が大抵決まっているのはなんだか気になってしまいますが、大手になるほどお客さんの数も多いので、それだけトラブルも多いということでしょうか。担当者個人の性質によっても違ってくるので、最後は運の世界かもしれません。車が事故を起こしていたケースは、完全に修理をした後に査定をしても、事故にあう前に比べて査定価格が大幅に低下することを査定落ちと呼ばれています。

格落ち、評価損とも言われています。

事前、ちゃんと直して、性能に関しては劣化がなくても、事故車というマイナスの印象だけで査定落ちをしてしまうこともありえます。中古車査定をするうえで、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。目立ってしまう傷や凹みを自分で修理しようとするのは良くありません。

修理の腕前が一定以上でなければ、ちょっと見ただけではきちんと直っているように見えても修理箇所を専門家が見たらそれ程きちんと直っていない場合も多いのです。

自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良いということとは違いますから注意しましょう。

キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。

中古車の買取してもらう場合に査定の金額を高くしようと車検切れの車を車検に出す方も多いです。

業者では自社工場にて車検を通しているところが、結構あるので、上がった査定の金額より結局、自分でやった車検の金額の方がかかるのです。

車検が近くなった場合でも、買取査定を受けた方が良いです。

車の価値を匿名で知りたいのならば、相場が乗ったサイトで調べてみてはいかがでしょうか?査定をしてもらうわけではないので、正確に金額を算出できるわけではありませんが、同じ車種の買取相場はわかります。

それと、スマートフォンであれば、個人情報の入力を要求されない車査定アプリを選ぶという方法はいかがでしょうか。